神の痛みの神学

北森嘉蔵 著

神の痛みの神学は、「実体」としての神に痛みがあるなどというのではない。神の痛みは「実体概念」ではなくして、「関係概念」である。すなわち「神の愛」の性格である。この点の理解を欠くことが、この神学を父神受苦説と混同する根本原因である。神の痛みの神学は「栄光の神学」からはあくまで「外に」立ちつづけるであろう…。日本人の手になる真に独創的な神学書として各国語に翻訳され、欧米の神学界に大きな影響を与えた必携の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 痛みにおける神
  • 2 神の痛みと歴史的イエス
  • 3 神の本質としての痛み
  • 4 神の痛みへの奉仕
  • 5 神の痛みの象徴
  • 6 痛みの神秘主義
  • 7 神の痛みと倫理
  • 8 神の痛みの内在性と超越性
  • 9 神の痛みと「隠されたる神」
  • 10 愛の秩序
  • 11 神の痛みと福音史
  • 12 神の痛みと終末論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神の痛みの神学
著作者等 北森 嘉蔵
書名ヨミ カミ ノ イタミ ノ シンガク
書名別名 Kami no itami no shingaku
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1986.6
ページ数 319p
大きさ 15cm
ISBN 4061587439
NCID BN04403944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86043843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想