菜根譚

洪自誠 [著] ; 中村璋八, 石川力山 訳注

『菜根譚』は今から三百数十年前、中国明代の洪自誠が人間いかに生くべきかを、様々な角度から論じた人生指南の書である。本書は、「儒・仏・道」の三教を根幹とする『菜根譚』の真髄を体得して日常生活の指針とするため、儒・道教の専門家と仏教、特に禅学を専攻する学者の2人が、長年に亙り原典を全面的に見直し、これを究明し、その成果を新たに書き下ろしたものである。現世を生きぬく知恵と処世の極意が満載された必読の書。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 菜根譚
著作者等 中村 璋八
洪 応明
石川 力山
中村 〓八
洪 自誠
書名ヨミ サイコンタン
書名別名 Saikontan
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1986.6
ページ数 441p
大きさ 15cm
ISBN 4061587420
NCID BN04403900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86043828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想