子規三大随筆

正岡子規 著

35歳で逝った子規が、その死までの2年間にわずか「六尺の病床」で記した随筆三篇『墨汁一滴』『病牀六尺』『仰臥漫録』には、世間と隔絶されたが故に孤高の精神と精緻な観察眼が横溢している。限定された身辺を注視した簡潔平明な達意の叙事文は、子規の革新的な写生文の到達点であり、その文学の全体と生活の照応関係を理解する上での恰好の書である。特に随所に点綴されている透徹した俳論歌論は子規の真骨頂を具現している。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子規三大随筆
著作者等 正岡 子規
書名ヨミ シキ サンダイ ズイヒツ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1986.6
ページ数 488p
大きさ 15cm
ISBN 4061587412
NCID BN04403875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86044581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
仰臥漫録
墨汁一滴
病牀六尺
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想