RNA学のすすめ : 生命のはじまりからリボザイム、エイズまで

柳川弘志 著

tRNA、rRNA、mRNAか関与するタンパク質合成系の研究がRNA学の第一の隆盛期ならば、現在のスプライシング、自己スプライシング、リボヌクレアーゼP、ウイロイドやウイルソイドの自己切断するRNAの研究はRNA学の第二の隆盛期といえる。1989年10月、アメリカのコロラド大学のチェックとエール大学のアルトマンは、RNA触媒の発見の業績により1989年度ノーベル化学賞を受賞した。これを機会に、RNA学の新しい展開に一層のはずみがかかるものと思われる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ RNA学の新しい展開
  • 第1章 生命の基本的しくみとRNA
  • 第2章 RNAの基本的性格
  • 第3章 RNAの生合成
  • 第4章 RNAとタンパク質合成
  • 第5章 RNAウイルスと病気
  • 第6章 RNA触媒、リボザイム
  • 第7章 RNAと生命のはじまり
  • 第8章 RNAの祖先を探る
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 RNA学のすすめ : 生命のはじまりからリボザイム、エイズまで
著作者等 柳川 弘志
書名ヨミ アールエヌエイガク ノ ススメ
書名別名 Aruenueigaku no susume
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1990.2
ページ数 297p
大きさ 18cm
ISBN 4061328123
NCID BN04400582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90023769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想