近代報告会計の基礎と発展

神戸大学会計学研究室 編

この本の情報

書名 近代報告会計の基礎と発展
著作者等 久保田 音二郎
神戸大学経営学部
神戸大学経営学部会計学研究室
書名ヨミ キンダイ ホウコク カイケイ ノ キソ ト ハッテン
出版元 同文館
刊行年月 1971
ページ数 596p 肖像
大きさ 22cm
NCID BN04388283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
70003827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
EDP監査の方法とその問題点 大野公義
アメリカ監査報告書の特色 日下部与市
イギリス監査報告書の特色 桜井弘蔵
コンテンラーメンと会計管理 斎藤隆夫
ドイツにおける最近の問題点 小林哲夫
ドイツ監査報告書の特色 高田正淳
久保田音次郎博士の監査論研究の系譜 高田正淳
予算統制と原価計算 小林靖雄
人と学問 久保田音次郎博士の原価計算研究の系譜 佐藤好孝
会計原則の発展と財務諸表 植野郁太
個別計算と原価計算 宮本匡章
利益計算と原価計算 青木茂男
原価報告書の諸形態と経営管理 木内佳市
原価差異の処理 神馬駿逸
原価管理と原価計算 佐藤好孝
原価計算の諸形態 平林喜博
原価計算思考の発展 溝口一雄
在庫管理と原価計算 末尾一秋
損益分岐点分析の会計管理的意義 末政芳信
標準原価計算論の発展 小倉栄一郎
決算日以後の事情変化と補足的説明事項 近沢弘宏
特殊原価の諸類型 小林健吾
監査報告と監査人の態度 加藤恭彦
監査報告と試査 河合秀敏
監査報告書における適正意見 上村久雄
監査報告書の構成 大矢知浩司
監査報告書の機能 森実
監査報告書の種類と性格 山桝忠恕
監査報告書論 アメリカにおける監査報告書の発展 飯野利夫
直接原価計算論の発展 豊島義一
短期損益計算論の発展 可児島俊雄
簿記と財務諸表との諸関連 高寺貞男
米国における最近の問題点 岡本清
経営計算発展論 原価計算論の発展 番場嘉一郎
経営計算管理論 原価の諸概念とその目的 諸井勝之助
統一原価計算制度の発展と原価計算基準 宮上一男
財務諸表と企業価値 小野二郎
財務諸表と利益力表示 中野勲
財務諸表と情報管理論 吉田寛
財務諸表と財政状態表示 黒田全紀
財務諸表の原始形態 小島男佐夫
財務諸表の構成と自己金融 森昭夫
財務諸表の構造論的解明 武田隆二
財務諸表の社会会計的応用 能勢信子
財務諸表の財務論的応用 丹波康太郎
財務諸表上の利益概念 谷端長
財務諸表基礎論 財務諸表の機能と利害関係者 戸田義郎
財務諸表項目の評価問題 増谷裕久
除外事項と意見差控 江村稔
除外事項と限定意見 高田駒次郎
除外事項の情報性 高柳龍芳
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想