中国政治論集 : 王安石から毛沢東まで

宮崎市定 著

最も敏感にその時代を反映する政治論文から16篇を精選し、翻訳、解説する。現実の問題を抱えながら「毛語録」を学習せよとする現代の林彪の序文に始まり、章句の学と課試の文を排斥する宋の王安石の「万言書」に遡る中国近世政治論集。一千年を通観し、混迷をつづける現代中国の本質と病根を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 毛主席語録前言(林彪)
  • 反対自由主義(毛沢東)
  • 東西民族根本思想之差違(陳独秀)
  • 家族制度為専制主義之根拠論(呉虞)
  • 統籌全局疏(康有為)
  • 中国之武士道自叙(梁啓超)
  • 金陵克復摺(曽国藩)
  • 李忠王自伝(李秀成)
  • 御製朋党論(雍正帝)
  • 探聴日本動静摺(李衛)
  • 蘇州民変疏(曹時聘)
  • 備陳陝西大飢疏(馬懋才)
  • 論体覆之弊(胡祇〓)
  • 監司之害(葉適)
  • 進五規状(司馬光)
  • 上皇帝万言書(王安石)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国政治論集 : 王安石から毛沢東まで
著作者等 宮崎 市定
書名ヨミ チュウゴク セイジ ロンシュウ
書名別名 Chugoku seiji ronshu
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.1
ページ数 584p
大きさ 16cm
ISBN 4122016754
NCID BN04382673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90046442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想