肝臓の生物学

織田敏次 著

肝臓病の研究と治療に長くとり組んできた著者が、広く若い生物学徒に向けて臓器の生物学の面白さを語りかける。急進展を続ける研究史を振り返り、学際的な研究の必要性を訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わが国の肝臓病、とくにウイルス肝炎
  • 肝臓研究の軌跡
  • 肝臓の構造と機能
  • ウイルス肝炎
  • 肝細胞癌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝臓の生物学
著作者等 織田 敏次
書名ヨミ カンゾウ ノ セイブツガク
シリーズ名 UP biology
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1990.2
ページ数 140p
大きさ 19cm
ISBN 4130631292
NCID BN04379511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想