サルはなぜ群れるのか

杉山幸丸 著

ボスに統率されたニホンザルの群れは人間社会にとっても大変示唆するところの多い社会構造と考えられてきた。しかし雌や食物の確保をめぐる厳しい優劣関係と競争原理を伴うサル社会は、本当にすばらしいあり方をしているのだろうか。一人でぬけ出すわけにはいかない人間社会ならいざ知らず、なぜ弱いサルは強いサルに抑圧されながらも一緒にいつづけるのか。この根本的な問題を解きほぐしつつ、霊長類の社会構造の見直しを試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ニホンザルの社会構造-これまでの理解
  • 第2章 動物はなぜ集まるのか-集合の基本原理
  • 第3章 どうしてひとりで離れていくのか-集合と分散
  • 第4章 劣位個体がなぜ一緒にいるのか-優劣順位の意味と意義
  • 第5章 どんなときに分裂するのか-個体の分散と群れ分裂のメカニズム
  • 第6章 集まったり離れたりするのはなぜか-離合集散と異種混合のメカニズム
  • 終章 生物としての生き方を探る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サルはなぜ群れるのか
著作者等 杉山 幸丸
書名ヨミ サル ワ ナゼ ムレルノカ
書名別名 霊長類社会のダイナミクス
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.2
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 4121009592
NCID BN04370084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90046627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想