日本の教育と企業社会 : 一元的能力主義と現代の教育=社会構造

乾彰夫 著

現代の日本は異常な競争社会である。その中でも最も激しい場になっているのが、学校と企業である。しかも,この両者における競争には同質のものがある。いま教育が,とどまるところを知らない偏差値競争から抜け出すためにも、この競争の社会的根源を正面から把握する必要があるのではないか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 教育における1960年代の再検討
  • 第1章 人的能力開発政策の視野と構造
  • 第2章 多元的能力主義化の停滞と一元的能力主義への転換
  • 第3章 70年代前半期の「教育と社会」の構造と論理
  • 終章 「教育的価値」と教育学の社会的パースペクティブ
  • 補論1 1970年代後半以降の青年の進路状況について
  • 補論2 学校と労働市場をめぐる1980年代的矛盾

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の教育と企業社会 : 一元的能力主義と現代の教育=社会構造
著作者等 乾 彰夫
書名ヨミ ニホン ノ キョウイク ト キギョウ シャカイ
出版元 大月書店
刊行年月 1990.2
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4272410407
NCID BN0436775X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90026022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想