定本落語

加太こうじ 著

お大尽も八ッつぁんも人間皆平等-落語の骨子への著者の熱い共感が伝わる稀有の落語論。百数十種類のお馴染みの落語を痛快に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人の涙と笑い-落語のなかの人間像(恋愛について
  • 親と子について
  • 貧乏について
  • 道徳について
  • 女性について
  • 女房について
  • 職業婦人について
  • やくざについて
  • 泥棒について
  • 幽霊について
  • 殿上人について
  • 武士について
  • 殿さまと家来について
  • 官員と大尽について
  • 間男について
  • 田舎者と使用人について
  • 無意味な笑いについて)
  • 庶民はなにを求めているか-落語芸術の背景(落語の歴史
  • 「さげ」と「落語通」
  • 明日への考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 定本落語
著作者等 加太 こうじ
書名ヨミ テイホン ラクゴ
書名別名 Teihon rakugo
シリーズ名 せいじ社芸能選書 3
出版元 青磁社
刊行年月 1989.9
ページ数 321p
大きさ 20cm
NCID BN04363205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90022618
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想