シュヴァイツァー著作集  第9巻

アルベルト・シュヴァイツァー著 ; 中村元, 玉城康四郎訳

付: シュヴァイツァーに対するラーダークリシュナンの批判 (中村元著 295-306p)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • インド思想家の世界観-神秘主義と倫理- 中村元 玉城康四郎 共訳
  • 序文 / p13
  • 第一章 西洋的思惟とインド的思惟 / p19
  • 世界人生肯定と世界人生否定 / p19
  • 世界人生否定 / p23
  • 神秘主義と理論的な世界観、一元論と二元論 / p27
  • 問題としての倫理的世界人生肯定の神秘主義 / p35
  • 第二章 インド的思惟における世界人生否定の発生 / p37
  • ヨーガ行者とバラモンとの世界人生否定 / p37
  • バラモン教的な神秘主義の発生 / p43
  • 第三章 ウパニシャッドの学説 / p50
  • 純粋存在(ブラフマン)との合一 / p50
  • バラモン教的神秘主義と倫理 / p58
  • バラモン教的神秘主義と再生の教 / p64
  • 再生の教と倫理 / p71
  • ウパニシャッドの諸問題、ブラフマン、ブラフマンと感覚界、全体霊魂と個別霊魂 / p74
  • ウパニシャッドの諸問題、個別霊魂と個別霊魂と肉体性、倫理 / p81
  • サーンキヤ説、ジャイナ教、仏教 / p85
  • 第四章 サーンキヤ説 / p87
  • 解脱の観念、世界の運行 / p87
  • サーンキヤ説とブラフマン説、サーンキヤ説に依存する神智学と人智学 / p93
  • 第五章 ジャイナ教 / p96
  • 不傷害のおきての発生 / p96
  • 不傷害のおきてに対するシナの対照、ジャイナ教の倫理 / p104
  • ゴーサーラの非倫理的な再生の教 / p108
  • 第六章 ブッダとその教 / p110
  • 苦行とブラフマンとの否定、階級問題 / p110
  • 苦の発生と消滅、感覚界の非現実性 / p117
  • 因果の法則、自我、ニルヴァーナ / p120
  • 倫理、不殺生戒 / p124
  • 観念の倫理と自己沈潜 / p126
  • 作用する力としての観念の倫理 / p130
  • 愛の行為の欠如、出家者の倫理、在家者の倫理 / p133
  • ブッダの奉士、世界救済の問題 / p140
  • 第七章 インドにおける後期仏教 / p142
  • 大乗仏教、大乗の文献 / p142
  • 大乗の慈悲 / p147
  • 世界の非現実性、二重の真理 / p152
  • インドにおける仏教の消滅 / p156
  • 第八章 シナ、チベット、およびモーコにおける仏教 / p161
  • 仏教と道教 / p161
  • シナ仏教における種々の教、迫害 / p168
  • チベット(ラマ教)およびモーコにおける仏教 / p172
  • 第九章 日本における仏教 / p175
  • 種々の教、世界人生肯定的な仏教、親鸞 / p175
  • 日蓮、カトリック教、神道復古、世界仏教 / p179
  • 第十章 後期バラモン教 / p183
  • ブラフマ・スートラ / p183
  • シャンカラ、二重の真理説 / p185
  • 第十一章 マヌ法典におけるバラモン教の世界観 / p195
  • バラモンの権利と義務、王 / p195
  • 法規、階級制度の実体、贖罪の行為、ニーチェの意見 / p200
  • 第十二章 ヒンドゥー教と信愛-神秘説 / p206
  • 一神教的ヒンドゥー教の発生 / p206
  • 信愛-神秘説と行為、諸々の源泉 / p211
  • マハーバーラタとバガヴァッド・ギーター / p215
  • 第十三章 バガヴァッド・ギーター / p129
  • 行為と不行為性との同格 / p219
  • 戯れとしての世界、バガヴァッド・ギーターとフィヒテ / p226
  • 倫理的なものと非倫理的なもの、行為の神秘主義 / p228
  • 第十四章 バガヴァッド・ギーターから近世へ / p232
  • ヒンドゥー教神秘主義の背後へのバラモン教神秘主義の後退 / p232
  • 活動的な愛の倫理の問題 / p235
  • インドの民族思惟における倫理 / p237
  • 倫理的なラーマ崇拝、ラーマーナンダ、トゥルシー・ダース、カビール / p244
  • 第十五章 新インドの思惟 / p249
  • デーベーンドラナート・タゴール、ケーシャブ・チャンドラ・セーン、ダヤーナンド・サラスヴァティー / p249
  • ラーマクリシュナ、スヴァーミン・ヴィヴェーカーナンダ / p255
  • 再生説の後退、伝統の権威 / p257
  • ラビーンドラナート・タゴール、倫理的な世界人生肯定 / p260
  • タゴールと古典 / p264
  • タゴール、倫理的な世界人生肯定の基礎づけ / p266
  • オーロビンド・ゴーシュ / p273
  • 第十六章 回顧と展望 / p274
  • インド的思惟における世界人生否定と世界人生肯定 / p274
  • 西洋的思惟、世界解釈の放棄 / p276
  • 西洋的思惟とインド的思惟 / p279
  • インド的思惟と実質的思惟 / p281
  • 実質的思惟と神秘主義 / p283
  • 神秘主義と倫理、限界のない倫理 / p285
  • 倫理的に解釈される神秘主義と倫理的な神秘主義 / p289
  • 附 シュヴァイツァーに対するラーダークリシュナンの批判 / p295
  • 訳者附註 / p307
  • 解説 / p313

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 シュヴァイツァー著作集
著作者等 Schweitzer, Albert
中村 元
玉城 康四郎
書名ヨミ シュヴァイツァー チョサクシュウ
書名別名 インド思想家の世界観 : 神秘主義と倫理

Shuvaitsua chosakushu
巻冊次 第9巻
出版元 白水社
刊行年月 1957
ページ数 316p
大きさ 20cm
NCID BN04360116
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51001486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
インド思想家の世界観 : 神秘主義と倫理 中村元, 玉城康四郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想