工業教育の再建 : 科学知識の普及・技術の向上・研究の振興

富塚清 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 1
  • 高度國防と科學 / 1
  • 一、 高度國防とは
  • 二、 總力戰の意義
  • 三、 將來の高度國防の内容
  • 四、 科學教育の重要性
  • 徹底的なドイツの科學教育 前線への指導陣 / 10
  • 科學振興への重要な一着眼 / 13
  • 自分の頭の蠅を追へ 正當な智育振興の必要 / 20
  • 一、 全般的不勉強
  • 二、 智育偏重か智育輕視か?
  • 三、 理解ある統制の要
  • 日本の國民性と科學
  • 一、 問題なのは金や物資ではない
  • 二、 國民性はよいか惡いか
  • 三、 南方の色彩が濃い日本の國民性
  • 四、 情が主になり易い日本人
  • 五、 理智の中でも記憶や模倣
  • 六、 科學に向かない傳統
  • 七、 日本流にとり入れられた近代科學
  • 八、 國民性の立てかへ
  • 先づ婦人の頭を科學的に / 47
  • 一、 婦人の重責の認識
  • 二、 第二の天性への婦人の影響
  • 三、 よい母なしに大人物は生れない
  • 四、 幼兒及び學校時代の教育を科學的に
  • 私の受けた科學教育 回顧、及び效果の檢討 / 57
  • 一、 私がこれを語る氣持
  • 二、 小學時代を終るまで
  • 三、 中學時代
  • 四、 高等學校時代
  • 五、 大學時代
  • 六、 大學への就職
  • 七、 卒業の後
  • 八、 間違ひの連續
  • 教育に關する根本觀念の是正 / 81
  • 青少年團員の科學教育 指導者に向かつての一提案 / 86
  • はしがき
  • 一、 啓發主義への轉換
  • 二、 應用出來るいろいろの手法
  • 三、 問題を身近かに求めよ
  • 四、 徳育や體育との調和
  • 五、 綜合的に考へよ
  • 科學及び工業知識普及の必要とその實行方策 / 101
  • 一、 緒言
  • 二、 科學知識普及の重要性
  • 三、 文明の進歩と近代人一般の科學知識
  • 四、 科學知識普及の準備工作
  • 五、 科學知識普及の積極策
  • 六、 結語
  • 缺陷暴露の我が國の重工業とその改善策 / 129
  • 一、 緒言
  • 二、 技術員の數と質との不足
  • 三、 統制及び連絡の不十分
  • 四、 工業要員の擴充と維持
  • 五、 統制及び連絡の改善
  • 近代工業における技術者協力の必要 / 150
  • 一、 緒言
  • 二、 今日まで協力のうまく出來なかつた原因
  • 三、 自立的工業における技術者チームの必要
  • 四、 協力を得しめるための外部工作
  • 五、 協力を得るための技術者側の心掛
  • 六、 チームの人選に關する一考察
  • 我が國の工業技術者を語學の重荷から救ふ企て / 167
  • 過勞に喘ぐ日本の技術者
  • 二、 最大の禍たる語學
  • 三、 語學の重荷を輕減する方策
  • 四、 利益の數々
  • 五、 提出されさうな非難とその檢討
  • 技術者の向上に就て / 180
  • 一、 緒言
  • 二、 技術者の質的向上の必要
  • 三、 技術者の質
  • 四、 日本の技術者の質の現状
  • 五、 技術者の質の低劣の原因
  • 六、 國民の科學常識向上の方策
  • 七、 良い教員を得る方策
  • 八、 學生のための設備
  • 九、 よい素質の學生を得る方策
  • 一〇、 再教育機關
  • 一一、 結語
  • 工業教育改善の着眼點 / 205
  • 一、 緒言
  • 二、 工業教育の範圍
  • 三、 他力教育・門前の小僧教育
  • 四、 專門家教育と一般人教育
  • 五、 技能教育と精神教育
  • 六、 人物銓衡の問題
  • 七、 教育技術の問題
  • 八、 先生の教育の問題
  • 九、 出藍の問題
  • 工業教育改善の必要 / 217
  • 一、 緒言
  • 二、 非常時局と工業教育改善問題の焦點
  • 三、 工業要員の擴充と維持とに對する工業教育の責務
  • 四、 工業技術者の質的改善の必要
  • 五、 工業の領域に對應して工業教育の目標を擴大するの必要
  • 六、 適性と教育と
  • 七、 適性檢査の重要性
  • 八、 教へ方について
  • 工業教育の能率化の方策 / 249
  • 一、 緒言
  • 二、 講義に對する反省とその改良案
  • 三、 筆記に關する反省
  • 四、 教案質疑應答採點
  • 五、 實物教育の必要
  • 六、 實習に就て
  • 七、 見學に就て
  • 八、 技術精神確立の必要
  • 九、 結語
  • 科學及び工業の振興に就て / 266
  • 一、 緒言
  • 二、 科學及び工業の教育完成に對する政府の責務
  • 三、 科學者及び技術者を能率的に使用する方策
  • 四、 工業教育機關の擴充に就て
  • 五、 科學及び工業の研究の價値並にその種別
  • 六、 非常時下における研究の運用
  • 七、 結語
  • アメリカ合衆國に於ける最近の工業教育改革論 / 294
  • 一、 緒言
  • 二、 W・H・キャリアー氏の意見
  • 三、 N・E・フンク氏の意見
  • 四、 O・H・クロフト氏の意見
  • 五、 G・A・オロック氏の意見
  • 六、 E・D・エールズ氏の意見
  • 七、 K・T・コムプトン氏の意見
  • 八、 W・E・ウィッケンデン氏の意見
  • 九、 F・L・アイドマン氏の意見
  • 一〇、 E・D・ロバーツ氏の意見
  • 一一、 A・R・スティーヴンソン氏の意見
  • 一二、 A・G・クリスチー氏の意見
  • 一三、 結語

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 工業教育の再建 : 科学知識の普及・技術の向上・研究の振興
著作者等 富塚 清
書名ヨミ コウギョウ キョウイク ノ サイケン : カガク チシキ ノ フキュウ ギジュツ ノ コウジョウ ケンキュウ ノ シンコウ
出版元 帝国教育会出版部
刊行年月 昭和16
ページ数 320p
大きさ 19cm
NCID BN04357235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46037141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想