憲法原論

橋本公亘 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / p1
  • 緒論 / p1
  • 第一章 国家 / p3
  • 第一節 国家の概念 / p3
  • 第二節 国家の本質に関する学説 / p6
  • 第三節 国家の要素 / p20
  • 第四節 国家の形体 / p31
  • 第五節 国家の機関 / p42
  • 第六節 国家の成立及び消滅 / p45
  • 第二章 憲法 / p48
  • 第一節 憲法の概念 / p48
  • 第二節 憲法制定権力 / p50
  • 第三節 憲法の解釈 / p59
  • 第四節 憲法の変遷 / p62
  • 第五節 憲法の改正 / p66
  • 本論 / p71
  • 第一章 総説 / p73
  • 第一節 日本国憲法制定の沿革 / p73
  • 第二節 日本国憲法の基本原理 / p90
  • 第三節 日本国憲法の構成 / p112
  • 第四節 日本国憲法の改正 / p114
  • 第二章 国民 / p123
  • 第一節 国民の意味 / p123
  • 第二節 国民の要件 / p126
  • 第三節 国家における個人の地位 / p128
  • 第四節 基本権保障の歴史 / p129
  • 第五節 わが国における基本権保障の変遷 / p142
  • 第六節 基本権の制約 / p144
  • 第七節 基本権規定の内容 / p157
  • 第八節 基本権規定と私人間の関係 / p167
  • 第九節 消極的権利 / p176
  • 第一〇節 積極的権利 / p229
  • 第一一節 能動的権利 / p245
  • 第一二節 抵抗権 / p247
  • 第一三節 国民の義務 / p253
  • 第三章 天皇 / p257
  • 第一節 天皇の地位 / p257
  • 第二節 皇位の継承 / p264
  • 第三節 天皇の権能 / p267
  • 第四節 摂政 / p284
  • 第五節 皇室及び皇室経済 / p286
  • 第四章 国会 / p292
  • 第一節 国会の地位 / p292
  • 第二節 国会の構成 / p300
  • 第三節 両議院の議員 / p310
  • 第四節 国会の会議 / p316
  • 第五節 両議院の議事 / p319
  • 第六節 国会の権限 / p327
  • 第七節 議院の権限 / p348
  • 第五章 内閣 / p355
  • 第一節 内閣の地位 / p355
  • 第二節 内閣の構成 / p361
  • 第三節 内閣の権限 / p364
  • 第四節 内閣の責任 / p372
  • 第六章 裁判所 / p373
  • 第一節 裁判所の地位 / p373
  • 第二節 裁判所の構成 / p377
  • 第三節 裁判所の権限 / p381
  • 第四節 裁判の公開 / p405
  • 第七章 地方自治 / p406
  • 第一節 地方自治の基本原則 / p406
  • 第二節 地方公共団体及び地方住民の権利 / p411
  • 第八章 国法秩序の構造 / p415
  • 第一節 成文法 / p415
  • 第二節 不文法 / p424
  • 事項索引 / 巻末
  • 条文索引 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 憲法原論
著作者等 橋本 公亘
書名ヨミ ケンポウ ゲンロン
出版元 有斐閣
刊行年月 1959
版表示 新版再版(増補)
ページ数 426p
大きさ 21cm
NCID BA51804541
BN02539730
BN04349554
BN05076708
BN05101973
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59001675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想