久野寧 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緒言 / 11
  • 研究方法 / 14
  • (1) 總汗量の測定法(人體天秤)
  • (2) 汗の着色法
  • (3) 汗滴觀察法
  • (4) 單一汗腺の分泌測定法
  • (5) 發汗經過測定法(發汗室)
  • 皮膚と發汗器官 / 21
  • 一、 皮膚 / 21
  • I、 表皮 / 22
  • II、 皮膚の血管 / 24
  • 二、 汗腺 / 29
  • I、 アポクリン腺とエクリン腺 / 30
  • II、 人類の汗腺 / 34
  • (1) 形態と數
  • (2) 能働汗腺と不能汗腺
  • (3) 汗腺の血管
  • 三、 發汗を起す神經系統 / 44
  • (1) 發汗中樞
  • (2) 分泌神經
  • 不感蒸泄 / 50
  • 人體發汗の概觀 / 57
  • 一、 温熱性發汗 / 59
  • 二、 精神性發汗 / 61
  • 三、 筋肉運動時の發汗 / 67
  • 四、 炭酸瓦斯の吸入による發汗 / 68
  • 五、 發汗の普現性 / 70
  • 六、 發汗器官の二系統 / 74
  • 七、 發汗性 / 78
  • I、 概論 / 78
  • II、 高温による發汗性の増進 / 80
  • III、 睡眠中の發汗 / 81
  • IV、 宿醉時の發汗 / 85
  • V、 發熱時の發汗 / 86
  • VI、 發汗性を左右する要約 / 87
  • 發汗機能の發達 / 90
  • 一、 初生兒の發汗 / 90
  • 二、 汗腺の能働化 / 96
  • 三、 小兒期の發汗 / 99
  • 四、 腋窩の發汗 / 103
  • 發汗による體液の消耗とその補給 / 108
  • 一、 汗の成分 / 108
  • 二、 汗の鹽化物含量 / 112
  • 三、 汗量 / 117
  • (1) 夏季坐業者の一日量
  • (2) 歩行時の汗量
  • (3) 最高汗量
  • (4) 汗量の個人差
  • (5) 他の分泌との比較
  • (6) 有効汗量その他
  • 四、 發汗と飮水との關係 / 126
  • I、 發汗は飮水により増加するか / 126
  • II、 發汗後の水分補給 / 127
  • III、 水負債 / 131
  • 五、 體液の變化と其調節 / 133
  • I、 發汗による變化と其調節 / 133
  • II、 飮水時の状況 / 137
  • III、 食鹽攝取の效果 / 139
  • 發汗の過程 / 144
  • 一、 發汗中樞の興奮 温熱性發汗を起こす動機 / 144
  • 二、 汗腺の活動と汗量との關係 / 149
  • 三、 汗腺、分泌の過程 / 151
  • 四、 鹽化物皮膚循環學説 / 156
  • (1) 體液鹽分含量の調節
  • (2) 鹽分の節約
  • (3) 汗腺に對する材料の供給
  • 五、 汗の排出 / 161
  • 發汗の使命 / 165
  • 一、 體温調節の概要 / 165
  • 二、 體温調節機能としての發汗 / 170
  • (1) 發汗の普現性
  • (2) 體温上昇の豫防
  • (3) 發汗の部位的關係
  • (4) 側臥時の半側發汗(體位による發汗の變動)
  • (5) 動物との比較
  • (6) 汗の蒸發
  • 三、 手掌及足蹠の發汗 / 187
  • (1) 不斷の分泌
  • (2) 發汗
  • 四、 腋窩の發汗 / 190
  • 五、 排泄機能としての發汗及びその他の使命 / 192
  • 發汗器管の風土馴化と鍛錬 / 194
  • 一、 發汗機能の夏冬の差 / 194
  • 二、 熱帶風土馴化 / 196
  • I、 能働汗腺數の人種的差異 / 199
  • II、 發汗反射の比較試驗 / 201
  • III、 熱帶人と温帶人との發汗機能 / 204
  • IV、 汗の鹽化物含量の差異と其意義 / 207
  • 三、 暑熱鍛錬の效果 / 211
  • I、 汗の鹽分濃度の變化 / 212
  • II、 皮膚電導度の變化 / 217
  • III、 本鍛錬效果の性質 / 219
  • 四、 熱帶適性の鑑識 / 221
  • 多汗症と無汗症 / 223
  • 一、 多汗症 / 223
  • (1) 手掌及足蹠多汗症(第一型)
  • (2) 腋窩多汗症(第二型)
  • (3) 顏面多感症(第三型)
  • (4) 一過性多汗症
  • (5) 盜汗
  • 二、 無汗症 / 231
  • 發汗藥と制汗藥 / 235
  • 一、 發汗藥 / 235
  • (1) ピロカルピン
  • (2) アセチールコリン
  • (3) 麻黄及びエフェドリン
  • (4) アドレナリン
  • (5) アルコール
  • (6) 其他の藥物
  • 二、 制汗藥 / 241
  • (1) アトロピン
  • (2) 食鹽
  • (3) 其他の藥物
  • 三、 藥用量に於ける諸藥の效力比較 / 242
  • 局所制汗法 / 245
  • (1) フオルマリン電流輸送法
  • (2) 電流流通法
  • (3) 制汗法の實施操作
  • 索引 / 253

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名
著作者等 久野 寧
書名ヨミ アセ
出版元 養徳社
刊行年月 昭和21
ページ数 266p
大きさ 18cm
NCID BN04347286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46034797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想