宗教再考

笠原芳光 著

近年の宗教ブームは、近代の合理主義的な思潮に対する反省や批判のあらわれといわれる。現代の宗教は、この期待に応える独自の内実を現代人に与えることができるだろうか。「宗教の止揚」を唱える著者は、諸宗教から思想、芸術、風俗にいたる様々な現代の宗教現象を歴訪し、既成宗教の相対化を通して、宗教の根源に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 宗教の検討(科学と宗教の接近
  • 解体と縮合と-吉本隆明氏の宗教観
  • 信不信をえらばず-一遍の生きかた
  • 父母神とはなにか-新井奥邃の思想
  • 原初的なものの発展-加藤周一氏の宗教論
  • 小さな神の魅力-岩田慶治氏に聴く
  • 治癒神イエスの発見-山形孝夫氏のキリスト教観
  • 絶対は相対のなかに-明石順三の到達点
  • 牧師の自死-追悼高倉徹)
  • 2 宗教の現在(結婚式と葬式-日本基督教団神戸教会の場合
  • 鬼は内、福は内-大本教の節分大祭
  • 世界の平和と民族の安全-神戸のユダヤ教会堂
  • 儀礼の再生-成人式におもう
  • 不殺生と無所有の教え-神戸のジャイナ教寺院
  • 習俗としての道教-神戸の関帝廟
  • 「イエスの方舟」の現在-スナック「シオンの娘」を訪ねて)
  • 3 芸術と宗教(闇と光の空間-白井晟一の建築
  • 知と信のあわい-中村草田男の軌跡
  • 美醜をこえる民芸-池田三四郎氏を訪ねて
  • ついには無音の音楽-ジョン・ケージ氏の作曲
  • 末期癌の絶唱-安土多架志の短歌
  • わが祈祷いづこにとどく-岡井隆氏の短歌
  • 信と美の間-夢窓疎石の庭
  • 砂と土の聖書-荒木高子さんの陶芸)
  • 4 文化と宗教(駈込寺の現在-鎌倉の東慶寺
  • 仏教書出版一筋-京都の法蔵館
  • 生活しつつ祈りつつ-『婦人之友』の姿勢
  • 仏教漫画の開花-臂美恵さんの作品
  • 生誕300年の調べ-東京バッハ合唱団
  • 企業と伝道の両立-近江兄弟社の再興
  • 21世紀の仏教をめざして-龍谷大学の宗教教育
  • 人生は芸術である-PL学園の野球精神
  • 「殺すなかれ」の実践-良心的軍事費拒否の会
  • 大きな人物の足跡-賀川豊彦記念松沢資料館
  • 芸術に昇華した宗教-宮沢賢治記念館を見る
  • 宗教とはなにか-『日本宗教事典』を読む)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教再考
著作者等 笠原 芳光
書名ヨミ シュウキョウ サイコウ
出版元 教文館
刊行年月 1986.12
ページ数 243p
大きさ 19cm
NCID BN04346035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87015859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想