食卓にあがった死の灰

高木仁三郎, 渡辺美紀子 著

史上最悪のチェルノブイリ事故は、深刻な汚染を、再び世界中にまき散している。食肉、乳製品、パスタ類、香辛料、チョコレート…。放射性物質セシウムによる食品汚染だ。輸入チェック体制や原発事故への備えの実態、市民グループの測定データをとおして、食生活のあり方、脱原発への道をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 食品の放射能汚染とは(汚染食品の衝撃
  • 放射線と放射能
  • 放射線の人体への影響)
  • チェルノブイリの放射能-その教訓(チェルノブイリ事故
  • 放射能汚染への対応)
  • 食卓にあがった放射能(環境汚染から食品へ
  • ヨーロッパの汚染
  • ヨーロッパの食品の汚染度)
  • 輸入食品と放射能汚染(輸入食品の放射能監視体制
  • 輸入食品の放射能汚染の実態)
  • 日本で原発事故が起こったら(原発過密国日本
  • 日本の原発で事故が起こったら
  • 食品汚染はどう進行するか)
  • 放射能にどう備えるか(チェルノブイリは終らない
  • 目衛する市民
  • 事故にどう備えるか
  • S氏との会話-しめくくりに代えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食卓にあがった死の灰
著作者等 渡辺 美紀子
高木 仁三郎
書名ヨミ ショクタク ニ アガッタ シ ノ ハイ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1990.2
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4061489844
NCID BN04344007
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90023804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想