小林秀雄の宗教的魂

永藤武 著

小林秀雄が信じ求めた<神なる世界>とはいかなるものか-。小林の処女作品から絶筆に至る主要な作品の読解を通して、その中に流れる小林自身の<宗教的魂>を浮き彫りにする。新しい視点から捉えた小林秀雄論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 批評の誕生-『蛸の自殺』から『様々なる意匠』へ
  • 第2章 二つの『罪と罰』-ドストエフスキー論の展開
  • 第3章 書くという秘儀のゆくえ-『おふえりや遺文』の哀しみ
  • 第4章 原型としての語り-『Xへの手紙』を読む
  • 第5章 無常を超えて-詩魂との回合
  • 第6章 魂の安らぎ-「西行」と「実朝」の祈り
  • 第7章 神秘的経験と言語表現-語りえぬものの息吹き
  • 第8章 分析の果てに-人間の学への道
  • 第9章 神なるものへの応答-『本居宣長』を流れる調べ
  • 第10章 信じることと宗教的態度と-意味の摸索
  • 第11章 文学の救いということ-『考へるヒント』そして『正宗白鳥の作について』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小林秀雄の宗教的魂
著作者等 永藤 武
書名ヨミ コバヤシ ヒデオ ノ シュウキョウテキ タマシイ
シリーズ名 教文選書
出版元 日本教文社
刊行年月 1990.2
ページ数 295p
大きさ 20cm
ISBN 4531015142
NCID BN04314822
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90022662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想