平城の爛熟

梅原猛, 井上正 [著]

政治と宗教という、二つの点を中心として、我々はここにさまざまな仮説を提出した。その仮説は完全であり、我々はこの全集をもってすべての美術のジャンルを網羅した、とは到底言えない。しかし客観的で網羅型の今までの美術全集に対して、我々は敢えて新しい仮説を主体的に提出する破天荒な美術全集をここに試みたのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 往時の夢の跡-薬師寺
  • 第1章 官大寺の仏像-興福寺・東大寺
  • 第2章 怨霊と鎮魂-法隆寺
  • 第3章 伝承と美と謎-行基御作仏と木彫
  • 第4章 平城の栄光と終焉-唐招提寺・大安寺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平城の爛熟
著作者等 井上 正
梅原 猛
書名ヨミ ヘイジョウ ノ ランジュク
シリーズ名 人間の美術 / 梅原猛 監修 4(奈良時代)
出版元 学習研究社
刊行年月 2003.12
版表示 新装版
ページ数 195p
大きさ 31cm
ISBN 4051023478
NCID BA65395622
BN04314764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20541837
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想