二千五百年史  上

竹越与三郎 [著] ; 中村哲 校閲

民友社を拠点に明治論壇で活躍した三叉竹越与三郎は、近代英国流の国民史の方法に学び、敢然と国史の書きかえに挑んだ。「神武は一隊の新人者にすぎず」と、従来の国体史観を否定し読書界を驚倒せしめた画期的な通史、それが本書である。上巻は太古より説き起こし朝廷権力の確立、貴族・寺院の争いを経て、北門武人が勃興し天下を握る鎌倉時代までの「1800年間」を雄大に語り尽くす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 不文の歴史
  • 大和朝廷の成立
  • 大和朝廷権勢の拡張
  • 外国文明の感化
  • 雄族の発達
  • 三韓の離叛
  • 宗教的党争
  • 空前絶後の国体変革
  • 壬申の乱
  • 浄御原の朝廷
  • 平城時代
  • 平安時代の曙色
  • 藤原氏専制時代
  • 貴族・武門・寺院の3角争闘
  • 源平2氏崛起して、平氏まず政権を執る
  • 北人の天下(源氏政権を攬る
  • 北条氏の治世)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二千五百年史
著作者等 中村 哲
竹越 与三郎
書名ヨミ ニセン ゴヒャクネンシ
書名別名 Nisen gohyakunenshi
シリーズ名 講談社学術文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1990.1
ページ数 516p
大きさ 15cm
ISBN 4061589113
NCID BN0431250X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90016539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想