幕末遣外使節物語 : 夷狄の国へ

尾佐竹猛 著

メリケンは1万里の外なり、君命を耻しむれば神洲の耻辱ならん。万延元年、初めて海を越えアメリカに赴いた新見豊前守一行は、汽車に驚きダンスに呆れ、歓迎のキッスに慌てながらも意気軒昂であった。サムライたちの見た西洋を、航海日誌や新聞記事を自在に駆使して描き出した本書は、憲政史の泰斗が一流の諧謔をもって世に問うた異色の幕末史である。他に池田、竹内、徳川の3遣欧使節の物語を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遣米使節 新見豊前守一行 (万延元年)
  • 遣欧使節 竹内下野守一行 (文久二2年)
  • 遣仏使節 池田筑後守一行 (文久3年)
  • 遣仏使節 徳川民部大輔一行(慶応3年)
  • 仏蘭西時代の思ひ出

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末遣外使節物語 : 夷狄の国へ
著作者等 尾佐竹 猛
書名ヨミ バクマツ ケンガイ シセツ モノガタリ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1989.12
ページ数 292p
大きさ 15cm
ISBN 4061589075
NCID BN04312102
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90014155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想