躁うつ病の薬理生化学  2

躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会 編

精神分裂病に劣らず成因や病態に、不明な部分を残す躁うつ病。1巻に続き、2巻でも気鋭の30数名による16のテーマを取上げての薬理生化学的研究が、収録された。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 セロトニン受容体機能とうつ病の成因
  • 2 うつ病の病態生理と神経ペプチド
  • 3 うつ病の神経内分泌学的研究の動向
  • 4 躁うつ病の視床下部-下垂体-甲状腺機能
  • 5 うつ病の動物モデル-ストレスモデルと遺伝・素因モデル
  • 6 うつ病のセロトニン伝達過剰仮説
  • 7 GABAによる脳内セロトニン伝達の調節
  • 8 躁うつ病におけるリチウムの薬理生化学
  • 9 リチウムの細胞内情報伝達系に及ぼす薬理作用-病的興奮性膜選択的作用仮説
  • 10 リチウムとβ‐アドレナリン性受容体-アデニル酸シクラーゼ系
  • 11 3H‐イミプラミン結合部位-レセプターオートラジオグラフィー法による解析
  • 12 β‐アドレナリン受容体-G蛋白質-アデニル酸シクラーゼ共役機構に対する抗うつ薬の影響
  • 13 抗うつ薬の作用機序に関する蛋白質リン酸化反応
  • 14 神経科学における分子生物学的アプローチ-うつ病研究への導入の可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 躁うつ病の薬理生化学
著作者等 躁うつ病の薬理生化学的研究懇話会
高橋 清久
躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会
書名ヨミ ソウウツビョウ ノ ヤクリ セイカガク
書名別名 Souutsubyo no yakuri seikagaku
巻冊次 2
出版元 金剛
刊行年月 1992.9
ページ数 234p
大きさ 22cm
ISBN 4772404023
NCID BN0431102X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93008038
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想