炉の生活史

須山義幸 著

自然の火「荒れ火」と、人に馴化された「馴れ火-炉の火」。両者の混合した火は、人類の夢想を刺激し、精神文化を活性化した。巨大な生き物「火」を通して人間の暮らしを見直し、望ましい火(エネルギー)の将来像を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 荒れ火(天地の炉
  • その福徳
  • その災禍)
  • 第2章 馴れ火(戸外の炉
  • すまいの炉、ならびに技術革新)
  • 第3章 馴れ火と荒れ火(炉まわりの夢想
  • 炎のある生活-結びにかえて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 炉の生活史
著作者等 須山 義幸
書名ヨミ ロ ノ セイカツシ
書名別名 Ro no seikatsushi
シリーズ名 三省堂選書 154
出版元 三省堂
刊行年月 1989.12
ページ数 182p
大きさ 19cm
ISBN 438543154X
NCID BN04310617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90014412
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想