物権法要説

三和一博, 平井一雄 編

所有権や抵当権をはじめとする各種物権および担保物権について、判例や通説を踏まえながら、しかも筆者の見解をも様々展開し概説するテキスト。特に、抽象的で難しいとの印象の強い"物権の変動"や各物権の構造あるいはその働きなどに関し、具体的事例や図を随所に織り込んで叙述を進め、法を基本から理解できるように工夫した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章(物権の意義と性質
  • 物権の種類と物権法の体系
  • 物権の効力)
  • 物権の変動(総説
  • 法律行為による物権変動
  • 不動産物権の変動
  • 動産物権の変動
  • 明認方法
  • 物権の消滅)
  • 占有権(占有権の意義
  • 占有の種類
  • 占有権の取権
  • 占有権の効力<占有の効果>
  • 占有権の消滅
  • 準占有)
  • 所有権(総説
  • 所有権の取得
  • 共有
  • 区分所有権)
  • 用益物権(地上権
  • 永小作権
  • 地役権
  • 入会権)
  • 担保物権総論(担保物権と意義と機能
  • 担保物権の性質と効力)
  • 留置権(序説
  • 留置権の成立要件
  • 留置権の効力・消滅)
  • 先取特権(総説
  • 先取特権の種類と効力
  • 先取特権の順位
  • 先取特権の消滅)
  • 質権(総説
  • 動産質権
  • 不動産質権
  • 権利質権)
  • 抵当権(抵当権の意義
  • 抵当権の設定
  • 抵当権の効力
  • 抵当権の実行と第三者取得者の保護
  • 抵当権と用益権
  • 抵当権侵害と抵当権の効力
  • 抵当権の処分
  • 抵当権の消滅
  • 特殊の抵当権)
  • 変則担保(序説
  • 仮登記担保
  • 譲渡担保
  • 所有権留保)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物権法要説
著作者等 三和 一博
平井 一雄
書名ヨミ ブッケンホウ ヨウセツ
書名別名 Bukkenho yosetsu
シリーズ名 法学要説シリーズ
出版元 青林書院
刊行年月 1989.12
ページ数 286p
大きさ 22cm
ISBN 4417007543
NCID BN0429698X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90017771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想