絵入本朝二十不孝

佐竹昭広 著

西鶴作の『本朝二十不孝』には、これ以上の親不孝者はいないと思われる男女二十人が次々と登場する。著者はこの作品の精巧な仕掛け、テクストの底に埋め込まれた多様なトリックを、挿絵や関連する絵をも読みに読んだうえで、『本朝孝子伝』を経、『二十四孝』を緯とするパロディと見る。こうして本作品の面白さと、西鶴の、並はずれた短篇作家としての力量を引出してみせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 揃たぞ二十四孝のこころ入
  • ふるき都を立出て雨
  • 娘盛の散桜
  • 大坂に後世願ひ屋
  • 跡の剥たる〓@49B6入長持
  • 善悪の二つ車
  • 木陰の袖口
  • 当社の案内申程おかし
  • 親子五人仍書置如件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵入本朝二十不孝
著作者等 佐竹 昭広
書名ヨミ エイリ ホンチョウ ニジュウ フコウ
書名別名 Eiri honcho niju fuko
シリーズ名 本朝二十不孝 26
古典をよむ 26
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.1
ページ数 331p
大きさ 20cm
ISBN 4000044761
NCID BN04296232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90022722
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想