帯をとくフクスケ : 複製・偽物図像解読術

荒俣宏 著

そもそも世に存在する美術の役割は、絵によって何を伝えるかという図像の訴求力にあった。オリジナルであろうとなかろうと、絵図は「メッセエジ」として成立するのである。街にあふれる絵図のよみとき。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 楽園への誘い
  • エロティックになる勉強
  • 美人の恥ずかしい姿
  • 忘れられた最高技芸-紙幣の印刷
  • シュール魚かリアル魚か
  • 潜水マスクがない頃の海中事情
  • 額椽の裏がわの見かた
  • 別世界の軒先-エジプト画の意味
  • 蛇は図像の王様だい!-足のない動物の謎
  • <金のなる木>は商芸の傑作!
  • <宝づくし>の進化論
  • 帯をとくフクスケ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帯をとくフクスケ : 複製・偽物図像解読術
著作者等 荒俣 宏
書名ヨミ オビ オ トク フクスケ
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.1
ページ数 239p
大きさ 22cm
ISBN 412001892X
NCID BN04295896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90048252
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想