秘術としてのAI思考 : 太古と未来をつなぐ知

西垣通 著

[目次]

  • 虚構のトポロジー(コンピュータは虚言機械
  • 人間万事虚誕計
  • 虚-実を隔てる皮膜
  • コンピュータの嘘とは何か
  • 誤謬と虚言
  • 説得術としてのレトリック ほか)
  • 人工知能のレトリック(芙蓉鎮と紅いコーリャン
  • 人工知能リアリズム
  • <知>を記号であらわす
  • エキスパート・システム
  • 知識工学のプラグマティズム
  • ファジィ理論 ほか)
  • 汎記憶空間(新潟‐海‐沖縄
  • 世界像の編集
  • 人工記憶術
  • ルルスの結合術
  • 意味とイメージ ほか)
  • ソフトウェア・アニエリスム(二つの迷宮の物語
  • プログラムの迷宮
  • ソフトウェア工学のコスモロジー
  • 人工知能ソフトウェア ほか)
  • 人工知能芸術論(人工知能による芸術
  • 贋作のメカニズム
  • 17世紀汎智学
  • 薔薇十字の悲劇 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秘術としてのAI思考 : 太古と未来をつなぐ知
著作者等 西垣 通
書名ヨミ ヒジュツ ト シテノ エイアイ シコウ
シリーズ名 ちくまライブラリー 34
出版元 筑摩書房
刊行年月 1990.1
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 4480051341
NCID BN04295524
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90022046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想