マス・コミュニケーション : マス・メディアの総合的研究

W.シュラム 編 ; 学習院大学社会学研究室 訳

この本の情報

書名 マス・コミュニケーション : マス・メディアの総合的研究
著作者等 Schramm, Wilbur
Schramm, Wilbur Lang
学習院大学
学習院大学社会学研究室
書名ヨミ マス コミュニケーション
書名別名 Mass communications
シリーズ名 現代社会科学叢書
出版元 東京創元社
刊行年月 1988.12
版表示 新版.
ページ数 369p
大きさ 19cm
ISBN 4488006760
NCID BN04287821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89045039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アメリカにおけるラジオの発達 レウェリン・ホワイト, 藤竹暁
コミュニケーションと世論 バーナード・ベレルソン, 本間康平
コミュニケーションの二段階の流れ エリフ・カッツ, 下沢夫美子
コミュニケーションの心理的障害 ダニエル・カッツ, 犬養康彦
コミュニケーション過程 コミュニケーション過程と一般意味論の諸原理 ウェンデル・ジョンスン, 嶋田厚
テレビの発達 レオ・ボガート, 嶋田厚
テレビ独自の現実再現とその効果・予備的研究 カート・ラング グラディス・エンジェル・ラング, 藤竹暁
マス・コミュニケーション、大衆の趣味、組織的な社会的行動 ポール・F.ラザースフェルド ロバート・K.マートン, 犬養康彦
マス・コミュニケーションの構造と機能 社会におけるコミュニケーションの構造と機能 ハロルド・D.ラスウェル, 本間康平
マス・コミュニケーションの発達 新聞の博物学 ロバート・E.パーク, 下沢夫美子
マス・コミュニケーションの統制と支持 コミュニケーションと政府 フレッド・S.ジーバート, レイモンド・B.ニクソン, 下沢夫美子, 新聞独占の問, 田中靖政
マス・コミュニケーションの責任 マス・コミュニケーションの質にたいして責任があるのはだれか ウィルバー・シュラム, 林進
マス・コミュニケーション効果 外界と人間の頭の中の影像 ウォルター・リップマン, 林進
広告の経済的効果 ネイル・H.ボーデン, 村上紀子
映画の興隆と地位 テリー・ラムゼイ, 嶋田厚
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想