免疫学図説

菊地浩吉 著

病理学者としての広い視点を通じ、"自家製"単クローン抗体を駆使して、免疫学を推進してきた著者により、"分かりにくい免疫学"を、楽しく分からせてくれるのが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 免疫学のあゆみ
  • 第2章 免疫の概念と特異性
  • 第3章 抗体産生理論
  • 第4章 免疫系
  • 第5章 抗原認識と免疫反応の成立
  • 第6章 サイトカインと免疫
  • 第7章 免疫グロブリン
  • 第8章 補体
  • 第9章 主要組識適合系
  • 第10章 感染防御免疫
  • 第11章 アレルギーと疾患
  • 第12章 自己免疫疾患
  • 第13章 免疫不全症候群
  • 第14章 免疫増殖症候群
  • 第15章 移植免疫
  • 第16章 癌と免疫

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 免疫学図説
著作者等 菊地 浩吉
書名ヨミ メンエキガク ズセツ
出版元 メディサイエンス社
刊行年月 1989.11
ページ数 278p
大きさ 31cm
ISBN 4943943098
NCID BN04259611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90009575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想