河上肇

大内兵衛 著

[目次]

  • 目次
  • I
  • 河上肇の人と思想 / p5
  • II
  • 唯物史観の黎明を踏める足跡-河上肇と櫛田民蔵 一- / p71
  • マルクス学の確立者-河上肇と櫛田民蔵 二- / p95
  • 『貧乏物語』について / p113
  • 経済学者としての河上肇 / p125
  • III
  • 求道の戦士河上肇 / p155
  • 記念碑になる河上肇 / p174
  • 彼は矛盾を矛盾としない / p177
  • 小国寡民という理想 / p180
  • 河上先生は和服がおすき / p185
  • 河上肇の「獄中だより」 / p191
  • 『自叙伝』の価値 / p196
  • 詩人河上肇 / p212
  • あとがき / p231

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 河上肇
著作者等 大内 兵衛
書名ヨミ カワカミ ハジメ
書名別名 Kawakami hajime
シリーズ名 筑摩叢書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1966
ページ数 237p 図版
大きさ 19cm
ISBN 4480010610
NCID BN0424823X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66007388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想