科学者はなぜ一番のりをめざすか : 情熱、栄誉、失意の人間ドラマ

小山慶太 著

自然の謎と格闘する科学者はまた、科学者仲間と激しく競争する。なぜなら、未知の謎も、誰か一人が解き明せば、それはもはや謎でも何でもないからだ。かくして戦国時代の武将の先陣争いにも似た激烈な一番のり競争が演じられる。近代科学が誕生して約400年。ガリレオは暗号文で新発見を隠し、ニュートンはライバルの名を著書から削った…。科学史に隠された意外な人間ドラマを明らかにしながら、科学のもつ"非情さ"と、それでも人間をとらえて放さない魅力とを縦横に語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 一番のりにかけた執念
  • 2章 秘伝としての科学
  • 3章 先取権をめぐるガリレオの闘い
  • 4章 ニュートンと巨人の肩
  • 5章 先取権争いは広がる
  • 6章 再発見された先取権
  • 7章 涙をのんだ人々
  • 8章 発見に自分の名前を刻んだ科学者
  • 9章 先取権とノーベル賞の魔力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学者はなぜ一番のりをめざすか : 情熱、栄誉、失意の人間ドラマ
著作者等 小山 慶太
書名ヨミ カガクシャ ワ ナゼ イチバンノリ オ メザスカ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1990.1
ページ数 193, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4061328085
NCID BN0423975X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90020128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想