はじめての進化論

河田雅圭 著

生物は「種のため」でなく「自分のため」に進化する-では、なぜ動物は、"集団自殺"をはかり、"他人の子育て"に励むのだろう?ダーウィニズムからメンデル遺伝学、行動生態学、分子生物学までを眺め、生物進化の現象とそのメカニズムを、やさしくときほぐす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ダーウィンの進化論
  • 第2章 進化とは何か
  • 第3章 自然選択と適応進化
  • 第4章 非適応進化と進化の制約
  • 第5章 大進化の機構
  • 第6章 進化の学派
  • 第7章 社会の中の進化論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめての進化論
著作者等 河田 雅圭
書名ヨミ ハジメテ ノ シンカロン
書名別名 Hajimete no shinkaron
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1990.1
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4061489836
NCID BN04227728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90020150
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想