経済史入門

塩沢君夫, 近藤哲生 著

原始的共同体から帝国主義に至る世界史の各段階を、一貫した論理と方法にもとづいて分析し、経済発展の基本方則を明快にとらえたスタンダード・テキスト。分業・交換関係の記述を充実させ第二次大戦までフォローして新版としました。経済の歩みを軸に人類の歴史の筋道を知るのに最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 経済史学の課題と方法-史的唯物論の基礎概念
  • 1章 原始的共同体
  • 2章 アジア的(=貢納制的)生産様式の社会
  • 3章 古代奴隷制的生産様式の社会
  • 4章 封建的生産様式の社会
  • 5章 資本制的生産様式
  • 6章 封建制から資本主義への移行
  • 7章 資本主義の確立と展開
  • 8章 帝国主義の成立と展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済史入門
著作者等 塩沢 君夫
近藤 哲生
書名ヨミ ケイザイシ ニュウモン
シリーズ名 有斐閣新書
出版元 有斐閣
刊行年月 1989.12
版表示 新版.
ページ数 260, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4641091099
NCID BN04210521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90016653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想