現代労働法  1 (集団的労使関係)

坂本重雄 ほか著

労働組合と使用者との対抗関係を軸として展開される、集団的労使関係の法と基本原理を平明に解説します。最近における労使関係の構造変化と労働法の対応とをにらみ労働基本権、団結権、団体交渉権、労働協約、および争議権、労働争議の調整と官公労働法、というテーマごとに判例、立法、学説の動向を跡づけた最新内容の新版です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 労働基本権-成立とその性格
  • 第2章 団結権
  • 第3章 団体交渉権
  • 第4章 労働協約
  • 第5章 争議権
  • 第6章 労働争議の調整と官公労働法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代労働法
著作者等 坂本 重雄
安枝 英〓
手塚 和彰
橋詰 洋三
石橋 主税
高木 紘一
竹下 英男
書名ヨミ ゲンダイ ロウドウホウ
書名別名 集団的労使関係
シリーズ名 有斐閣新書
巻冊次 1 (集団的労使関係)
出版元 有斐閣
刊行年月 1989.12
版表示 新版.
ページ数 230, 12p
大きさ 18cm
ISBN 4641091080
NCID BN04203333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90014364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想