日本法制史における不法行為法

奥野彦六 著

[目次]

  • 目次
  • 諸論 / p3
  • 第一編 記紀・古風土記における不法行爲法 / p13
  • 第一章 贖(アガナフ)と償(ツグナフ) / p13
  • 第二章 記紀・古風土記に見える贖銅制 / p21
  • 第二編 律令法における不法行爲法 / p52
  • 第一章 律令法の條文解釋について / p52
  • 第二章 律令法における過失法 / p59
  • 第三章 贓及び自首と不法行爲法 / p92
  • 第四章 廐庫律における不法行爲法 / p124
  • 第五章 雜律における不法行爲法 / p143
  • 第六章 結論 / p191
  • 第三編 武家法における不法行爲法 / p201
  • 第一章 武家法における不法行爲法と律令法(公家法) / p201
  • 第二章 武家法における不法行爲法の成立 / p220
  • 第三章 御成敗式目における不法行爲法 / p237
  • 第四章 分國法(戰國諸家法)における不法行爲法 / p264
  • 第四編 德川幕府法における不法行爲法 / p287
  • 第一章 德川幕府法における不法行爲法の成立 / p287
  • 第二章 德川幕府法における不法行爲法 / p322
  • 第三章 德川幕府判例法における不法行爲法 / p353
  • 第五編 現行不法行爲法の史的發展 / p404
  • 第一章 權利侵害と違法性の史的發展 / p404
  • 第二章 民事責任と刑事責任の史的發展 / p410
  • 第三章 不法行爲責任と契約責任の分化發展 / p436
  • 第四章 損害賠償請求権の史的發展 / p440
  • 第五章 故意過失の史的發展 / p450
  • 第六章 不法行爲法と時效制の成立 / p467

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本法制史における不法行為法
著作者等 奥野 彦六
書名ヨミ ニホン ホウセイシ ニ オケル フホウ コウイホウ
書名別名 Nihon hoseishi ni okeru fuho koiho
出版元 創文社
刊行年月 1960
ページ数 480p
大きさ 22cm
NCID BN04202352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60013471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想