スペース・ツアー

金子隆一 著

果てしない宇宙への旅立ちは、人類の夢だ。奇抜で壮大なスケールをもったアイデアを紹介しよう。究極の輸送機関、軌道エレベーター。火星の温室化と金星の日傘によるテラフォーミング作戦。反物質ロケット、レーザ帆船で恒星間飛行。太陽をすっぽり包む新世界、ダイソン・スフィア。ポスト・スペース・シャトルから「ワールド・シップ」エクソダスまで、科学的バックボーンにもとづき、未来の宇宙進出計画を豊富なイラストで紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 軌道輸送機関の将来(新概念シャトルの数々
  • レーザー・シャトル
  • 電磁加速ランチャー・システム
  • テザー衛星と「スカイフック」
  • 軽便スカイフック「オービタル・リング・システム」)
  • 2 太陽系文明の展望(月面開発の将来
  • 火星開発計画の展望
  • 金星テラフォーミング作戦
  • 巨大惑星の世界
  • 太陽系辺境空域)
  • 3 恒性間宇宙への道(近未来の主流-核融合ロケット
  • 究極の推進プラント-反物質ロケット
  • 恒星間レーザー帆船
  • 時空の果てをめざす-恒性間ラム・ジェット)
  • 4 地球の揺籃をのがれて(カルダシェフ型文明・タイプ2
  • 地球最期の日-その二つのシナリオ
  • 技術文明の終局的形態)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スペース・ツアー
著作者等 金子 隆一
書名ヨミ スペース ツアー
書名別名 Supesu tsua
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1987.7
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 4061488619
NCID BN04200415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87050263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想