日本憲法制定史講

渡辺幾治郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 帝國憲法の制定 / 1
  • 一 緖論 / 1
  • 二 立憲思想と國家思想 / 3
  • 三 立憲政治と國情 / 12
  • 四 立憲政治と明治維新 / 19
  • 五 公議政治から立憲政治へ / 31
  • 六 立憲政治に對する叡慮 漸次その發逹を期したまふ / 42
  • 七 民論の勃興國會開設運動大に起る / 48
  • 八 參議に勅して國會開設の意見を求めたまふ / 52
  • 九 宸斷を以て國會開設の期を定めたまふ / 55
  • 一〇 憲法制定と國會開設の準備 / 64
  • 憲法制定前後 / 77
  • 一 憲法制定の原因 / 78
  • 二 帝國憲法制定の精神 / 81
  • 三 憲政實施直後の議會、朝野衝突の原因 / 93
  • 五箇條の御誓文と宸翰 / 104
  • 伊藤博文の憲法思想 / 126
  • 一 君民合體の理想 / 126
  • 二 憲政創始の苦心 / 130
  • 三 獨特の憲法案 / 134
  • 四 確乎たる信念 / 142
  • 伊藤博文の憲政及び政黨思想 / 146
  • 伊藤博文と元田永孚の思想的軋轢 / 161
  • 一 立憲政治に對して / 164
  • 二 敎育問題に對して / 172
  • 三 伊藤と元田の軋轢 / 177
  • 立憲的內閣制度の創始に就いて / 185
  • 一 史的意義 / 185
  • 二 更革を必要とする太政官制度 / 186
  • 三 制度更革に從事す / 191
  • 四 伊藤大命を拜す、黒田の不滿 / 197
  • 五 裏面の政爭 / 202
  • 帝國憲政の三大思想 / 208
  • 福澤諭吉の立憲思想 / 226
  • 一 立憲思想に關する朝野の對立 / 227
  • 二 立憲思想の先覺者 / 231
  • 三 官民調和論 / 235
  • 四 始めて立憲政治の創始を唱ふ / 237
  • 五 福澤の政治思想と皇室論 / 245
  • 福澤諭吉の官民調和論 / 247
  • 一 官民調和論の意義 / 247
  • 二 熱列なる國家主義者 / 249
  • 三 第一期の官民調和論 / 251
  • 四 第二期の官民調和論 / 254
  • 五 官民調和論と皇室觀 / 258
  • 維新以後に於ける皇室及び國體思想の變遷 / 261
  • 一 明治維新の皇室・國體思想 / 262
  • 二 國民思想の變遷 / 267
  • 三 自由進主步主義者の皇室・國體思想 / 275
  • 四 國體保守主義者の皇室觀及び國體思想 / 283
  • 五 進步主義か保守主義か / 292
  • 新日本の建設者 / 303
  • 一 木戶孝允 / 304
  • 二 西郷隆盛 / 311
  • 三 大久保利通 / 324
  • 四 終りに / 339
  • 陸奥宗光とその憲政思想 / 340
  • 一 陸奥の人となり / 340
  • 二 宗光の憲政思想 / 352
  • 敎育勅語の渙發を翼賛せる人々 / 372
  • 一 山縣有朋 / 372
  • 二 芳川顯正 / 377
  • 三 西村茂樹 / 382
  • 四 元田永孚と井上毅 / 389
  • 五 三島毅 / 399
  • 明治維新の明暗二方面 / 403

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本憲法制定史講
著作者等 渡辺 幾治郎
書名ヨミ ニホン ケンポウ セイテイシ コウ
書名別名 Nihon kenpo seiteishi ko
出版元 千倉書房
刊行年月 昭12
版表示 [再版]
ページ数 423p
大きさ 23cm
NCID BN04196431
BN09974159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46068483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想