伊那農村誌

向山雅重 著

[目次]

  • 伊那農村誌
  • 目次
  • 序 古島敏雄
  • 上伊那地方、江戸時代の農耕 / 3
  • 一 稲作 / 3
  • 二 畑作 / 21
  • 三 肥料 / 35
  • 四 馬 / 38
  • 五 農具 / 45
  • 六 耕作の一事例 / 48
  • 『信濃国伊那郡筑摩郡高遠領産物帳』 / 53
  • 黒河内家「諸作取方覚」 / 73
  • 一 黒河内家の「諸作取方覚」 / 73
  • 二 畑作 / 74
  • 三 俵入・枡 / 77
  • 四 稲作 / 79
  • 五 稲の品種 / 81
  • 種入 / 85
  • 一 農道具 / 85
  • 二 苗代・田植 / 87
  • 三 稗・粟・荏・胡麻・大角豆 / 89
  • 四 胡蘿蔔・牛蒡・茄子・夕顔・瓜 / 90
  • 五 大根・かぶ・大麦・小麦・蕎麦 / 92
  • 六 麻苧・たばこ・葱・百合・山の芋・里芋・穂稗取り / 94
  • 七 大豆・藍・菜種 / 95
  • 八 蒔旬と種子量 / 98
  • 稲草 / 101
  • 一人作・一人踏 / 111
  • 籾扱いの習俗 / 119
  • 稲の取入れ / 119
  • 籾一俵 / 120
  • 籾を挽く / 121
  • 籾実子生・米実子生・ツブシ / 124
  • 畝取り・ツブシ / 125
  • 籾と米 / 127
  • 畑繰 / 131
  • 猪垣 / 139
  • 一 猪鹿の害と猪鹿防け / 139
  • 二 猪垣 / 140
  • 三 猪追い・猪打ち / 174
  • 四 結び / 201
  • 天保の凶飢 / 207
  • 一 須田氏『天保雑記』 / 207
  • 二 天保四癸巳年凶歳 / 208
  • 三 天保七丙申凶飢 / 210
  • 四 天保八丁酉大凶飢 / 218
  • 五 天保九戊戌年 / 229
  • 六 天保十己亥年豊年痢疾流行 / 230
  • 七 概括 / 236
  • 飢饉・未進 / 239
  • 一 天保飢饉の資料 / 239
  • 二 未進 / 245
  • 店勘定目録より見たる一商店の考察 / 251
  • 一 上穂宿の位置、店勘定目録の性格 / 251
  • 二 取扱商品と業態 / 253
  • 三 時代の変遷とその影響 / 255
  • 四 問屋制家内工業の問屋としての存在 / 259
  • 五 地方生産品 / 264
  • ムラの移り変り / 267
  • 一 村のすがた / 267
  • 二 村からコウチ(耕地)へ / 273
  • 三 ムラの変貌 / 276
  • 四 ムラの衰頽 / 279
  • 村から失われゆく言葉 / 281
  • 後記 / 295
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 伊那農村誌
著作者等 向山 雅重
書名ヨミ イナ ノウソンシ
シリーズ名 考古民俗叢書 ; 21
出版元 慶友社
刊行年月 1984.11
ページ数 297, 6p
大きさ 22cm
NCID BN04188681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85019282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想