シュメールの世界に生きて : ある学者の自叙伝

S.N.クレーマー 著 ; 久我行子 訳

英雄ギルガメシュの叙事詩、愛の女神イナンナをめぐる神話等、古代メソポタミアに花開いた人類最古のシュメール文学を、粘土板に刻まれた楔形文字から復元した学者クレーマーの自叙伝。ロシア移民の子として米国に渡り、シュメール学・古代オリエント学の権威となるに至る生涯を、学問的成果を交えつつ感慨を込めて語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • タルムードから楔形文字へ
  • 新米学者-イラクの遺跡で
  • アルノー・ペーベルとシュメール語文法
  • エドワード・キエラとシュメール文学
  • 神々-シュメールの神話
  • 英雄たち-シュメールの叙事詩
  • 王たち-シュメールの讃歌
  • 賢者たち-シュメールの知恵文学
  • ベストセラーの誕生
  • イェーナへの旅
  • 交換教授-ロシア共和国で
  • 楽園を求めて
  • シンポジウム、総合、総括
  • 旅路の教授
  • 終わりを彼方に見て

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シュメールの世界に生きて : ある学者の自叙伝
著作者等 Kramer, Samuel Noah
久我 行子
クレーマー サミュエル・ノア
書名ヨミ シュメール ノ セカイ ニ イキテ
書名別名 In the world of Sumer

Shumeru no sekai ni ikite
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.12
ページ数 396, 18p
大きさ 22cm
ISBN 4000026747
NCID BN04181514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90021057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想