社会の労働者階級の状態

ジョン・バートン 著 ; 真実一男 訳

著者バートンは、アダム・スミスの亡くなる前年の1789年、ロンドンに生まれた。リカードやマルサスと同時代の経済学者で、経済学史上、リカード「機械論」に先行し、マルクス『資本論』につながる位置を占める。すなわち、主著である本書で、マルクスの<産業予備軍の理論>ないし<相対的過剰人口の理論>の原型となる理論を展開した。資本の増加が労働需要増大の要因であるとするスミス以来の古典派労働需要論を批判して自説を展開するのをはじめ、マルサス人口論に反対する立場から、5,60年に及んだ当時の労働需要増大と人口増の原因を探り、さらにナポレオン戦争終結後、苦境に立つ労働貧民の救済策を検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(人口成長が資本蓄積の帰結であるという意見の誤謬)
  • 第2部(人口成長の真実の原因
  • 課税の諸効果)
  • 第3部(救貧法の真実の諸効果
  • 共済組合によって演じられる役割)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会の労働者階級の状態
著作者等 Barton, John
真実 一男
バートン ジョン
書名ヨミ シャカイ ノ ロウドウシャ カイキュウ ノ ジョウタイ
書名別名 Observations on the circumstances which influence the condition of the labouring classes of society

Shakai no rodosha kaikyu no jotai
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1990.1
ページ数 204p
大きさ 20cm
ISBN 4588021222
NCID BN04176944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90018974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想