日本証券市場の諸問題

日本証券経済研究所 編

[目次]

  • 目次
  • 序文 吉田晴二
  • 転換社債の総合的研究 江口行雄 / p1
  • 一 転換社債の意義と概念 / p3
  • 二 転換社債の歴史と現況 / p6
  • 三 転換社債の発行上における諸問題-制度的内容- / p25
  • 四 転換社債の流通上における諸問題-株価との関係- / p39
  • 五 機関投資家と転換社債 / p49
  • 六 転換社債の私経済的機能とメリット論 / p52
  • 七 転換社債の国民経済的機能と時局的役割 / p58
  • 八 転換社債発行のための資格と条件 / p61
  • 九 日通の時価転換社債の発行-むすびに代えて- / p62
  • 従業員持株制度に関する研究-わが国主要会社の実証的研究- 上林正矩 / p71
  • 一 わが国における従業員持株制度の研究 / p71
  • 二 本実態調査の要領と成果 / p73
  • 三 わが国における従業員持株制度の採用状況 / p75
  • 四 従業員持株制度に関する会社の方針と従業員の自社株保有状況 / p77
  • 五 わが国における従業員持株制度採用の目的および不採用の理由 / p84
  • 六 わが国従業員持株制度の特色と今後の課題 / p86
  • 無配期の株価に関する一分析 木村増三 / p119
  • 一 分析にもちいた資料 / p119
  • 二 分析の方法と意義 / p123
  • 三 分析の結果 / p129
  • 外国の対日証券投資と証券市場(一九六〇-六五年) 呉天降 / p143
  • 一 対日証券投資の展開 / p144
  • 二 証券投資の実態 / p158
  • 三 証券市場への影響 / p170
  • 公社債市場の特質と低金利政計 志村嘉一 / p175
  • 一 起債市場再開をめぐる政策的要因 / p177
  • 二 低金利政策と起債市場の矮小化 / p182
  • 三 流通市場未発達の本質的意義 / p187
  • 大郁業の配当政策と負債選択 鈴木満直 / p195
  • 一 企業収益と配当政策 / p196
  • 二 現金報酬率と配当性向 / p202
  • 三 企業の資金調達 / p211
  • 四 社債市場 / p216
  • 戦後日本の証券市場対策 三浦寛也 / p225
  • 一 証券市場対策の実態 / p227
  • 二 証券市場対策の検討 / p236
  • 三 二つの問題点 / p242
  • 「更生会社」の財務分析 森脇彬 / p253
  • 一 収益性の分析(その一) / p265
  • 二 収益性の分析(その二) / p271
  • 三 流動性の分析 / p284

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本証券市場の諸問題
著作者等 日本証券経済研究所
書名ヨミ ニホン ショウケン シジョウ ノ ショモンダイ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1967
ページ数 288p
大きさ 22cm
NCID BN04173935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67002641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想