日本の医療 : バラ色の高齢化社会は崩壊するか…

保阪正康 著

'90年代の"日本の医療とその環境"はどういう方向になるのか?本書は、医療の技術、制度、財政、倫理など多面的に、現状を厳しく検証し、次代へのあるべき姿を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「人命尊重」という墓場
  • 第2章 世界一長寿国の「恥部」
  • 第3章 健康保険制度の再検討
  • 第4章 必ずやってくる年金地獄
  • 第5章 老人医療費こそ「悲劇」の値段
  • 第6章 ドキュメント・病院
  • 第7章 医師国家試験の恐怖
  • 第8章 変容する医局講座制
  • 第9章 東大病院に迫られる改革
  • 第10章 武見太郎とその時代
  • 第11章 「人権天国」のもうひとつの側面
  • 第12章 「働きざかり50代の急死」研究
  • 第13章 医療の歪んだ実態
  • 第14章 移植医療についての考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の医療 : バラ色の高齢化社会は崩壊するか…
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ ニホン ノ イリョウ
書名別名 Nihon no iryo
出版元 朝日ソノラマ
刊行年月 1989.10
ページ数 420p
大きさ 20cm
ISBN 4257032774
NCID BN04168527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90006148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想