勝負と芸

藤沢秀行 著

碁とは、勝負である前に創造であり芸術である-これは囲碁界最高のタイトル、棋聖位を6連覇した藤沢秀行の信念である。そのスケールの大きい独創的な棋風は、自由奔放、豪放磊落な人柄とあいまって多くの人を魅了してきた。この現代の名棋士が、波瀾万丈の人生、日本・中国・韓国の囲碁界の現状と将来、自らの囲碁観を縦横に語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 碁打ちをこころざす
  • 2 青年秀行
  • 3 名人から棋聖へ
  • 4 次代を育てる
  • 5 秀行の盤上談義
  • 6 勝負か芸か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 勝負と芸
著作者等 藤沢 秀行
書名ヨミ ショウブ ト ゲイ
書名別名 わが囲碁の道

Shobu to gei
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.1
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 4004301068
NCID BN04168210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90022633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想