原発はなぜ危険か

田中三彦 著

チェルノブイリの事故が世界に大きな衝撃を与えたにもかかわらず、日本の原発政策には何の変化も見られない。日本の原発ははたして安全なのだろうか。原発の心臓部である圧力容器の設計に携わった著者が、自ら体験した製造中の重大事故を紹介し、現在運転中の原発の問題点をえぐり出すとともに、脱原発のための条件を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ゆがみ矯正事件(どうゆがみ、どう矯正されたか
  • 「6.28シンポジウム」の周辺)
  • 第2部 "運転中の原発"の安全性(理論的構築物の予盾
  • 原発の老朽化1-圧力容器の中性子照射脆化
  • 原発の老朽化2-理論主義の危険)
  • 第3部 原発に象徴されるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原発はなぜ危険か
著作者等 田中 三彦
書名ヨミ ゲンパツ ワ ナゼ キケン カ
書名別名 元設計技師の証言
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.1
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4004301025
NCID BN04167794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90022465
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想