ドイツ零年

エドガール・モラン 著 ; 古田幸男 訳

ドイツ再統合は可能か?1945年、国家も軍隊も全てが崩壊した《零年ドイツ》の無限の廃墟を踏査し、ファシズムの犯罪と民主主義の到来、この国の未来とヨーロッパの再建を真撃に問う青年モランの哀感と共感に満ちたルポルタージュ。処女作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 どのようにして、人は、ドイツ人であることができるのか(自らの餌食となったドイツ
  • うわさと神話の国
  • 連合軍を前にしたドイツ人
  • ドイツの青年は救われるか
  • ドイツ国民の集団責任)
  • 第2部 ただ一つの希望-ドイツの反ファシズム勢力(反ナチ派の好機
  • キリスト教社会主義党と教会の政策
  • ハノーヴァーとベルリンの間
  • ドイツ共産党
  • 労働組合運動)
  • 第3部 被占領国ドイツの諸相貌(難民と強制送還者
  • ナチのレジスタンスはあるか
  • 複数のドイツは存在するか
  • 粛正
  • 農地改革
  • ルールをめぐって)
  • 第4部 何を為すべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ零年
著作者等 Morin, Edgar
古田 幸男
モラン エドガール
書名ヨミ ドイツ レイネン
書名別名 L'An zéro de l'Allemagne
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 287
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1989.12
ページ数 354p
大きさ 20cm
ISBN 4588002872
NCID BN04161947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90018800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想