経済学の諸問題 : 久留間鮫造教授還暦記念論文集

森戸辰男, 大内兵衛 編

[目次]

  • 目次
  • はしがき 森戸辰男
  • 『資本論』の利子論における貨弊資本家について 宇野弘蔵 / p3
  • 再び『価値論の方法論』について-川口武彦氏の批判に答う- 鈴木鴻一郎 / p29
  • 改革前の農地事情と小作料 硲正夫 / p53
  • 一 まえがき / p53
  • 二 改革以前の農地事情 / p55
  • I 農民的所有地(自作地)と地主的所有地(小作地) / p55
  • II 土地所有の集中と分散 / p57
  • III 不耕作(奇生的)地主の土地所有 / p60
  • 三 小作料の形態と率 / p61
  • I 小作料の形態 / p63
  • II 小作料率 / p65
  • 四 現物、高率小作料の分析 / p69
  • I 小作料の現物形態と高率性とはなにを意味し、いかなる生産関係を、そして生産様式を表示するか / p70
  • II 小作料はなぜ現物形態をとったか / p83
  • III 小作料はなぜ高率であるか 米価形成と小作料との関係 / p87
  • ペティの「貨弊小論」(一六九五年) 松川七郎 / p105
  • 『貨弊小論』(一六九五年) / p105
  • あとがき / p121
  • リカアドオとジョーンズ-経済学における理論と歴史- 玉野井芳郎 / p147
  • 資本論におけるイギリス工場法の取扱いついて 上杉捨彦 / p175
  • 拡張再生産過程と固定資本の回転-問題提起- 富塚良三 / p199
  • 資本主義的生産の制限と恐慌 大島清 / p255
  • はしがき / p255
  • 一 限界と制限の一般的概念 / p257
  • 二 生産過程と流通過程における制限 / p269
  • 三 資本主義的生産の制限と恐慌 / p276
  • 賃金の基礎理論についての覚書 舟橋尚道 / p295
  • 貨弊の出発点への還流について 原薫 / p327
  • 一 貨弊の通流と還流運動 / p328
  • 二 単純な商品生産における貨弊の還流運動 / p333
  • 三 資本の再生産過程における貨弊の還流運動 / p336
  • 四 利子生み資本としての貨弊の還流運動 / p360
  • 五 産業資本の流通過程における商品資本の転態を媒介するものとしての、商業信用、商業資本、および銀行信用 (手形割引)などの介在が、貨弊の還流におよぼす諸影響 / p363
  • 六 銀行券の還流運動 / p376
  • 久留間鮫造先生略歴・著作目録
  • 老友久留間君の足跡 大内兵衛

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学の諸問題 : 久留間鮫造教授還暦記念論文集
著作者等 久留間 鮫造
大内 兵衛
森戸 辰男
書名ヨミ ケイザイガク ノ ショモンダイ : クルマ サメゾウ キョウジュ カンレキ キネン ロンブンシュウ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1958
ページ数 403p 図版
大きさ 22cm
NCID BN04158410
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58002371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想