ゴルギアス

プラトン 著 ; 加来彰俊 訳

ソクラテスと3人の人物との対話は、弁論術が立身栄達の術とされている現実や若い人の実利主義的道徳意識などを次々と明るみに出す。プラトン(前427‐347)は本篇によって、個人の道徳と同時に政治の問題を追求し、アテナイの現実の政治に痛烈な批判を投げかけた。後に『国家』において発展させられた哲人政治の思想の第一歩である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴルギアス
著作者等 Plato
加来 彰俊
プラトン
書名ヨミ ゴルギアス
書名別名 Gorgias.

Γοργιασ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.4
版表示 第44刷改版.
ページ数 368p
大きさ 15cm
ISBN 4003360125
NCID BA81511688
BN01844761
BN04157961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21328288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想