教養としてのキリスト教

村松剛 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p3
  • はじめに / p9
  • 1 イエスは実在したか / p17
  • 2 当時の資料はなにを語るか / p29
  • 3 『新約聖書』の成り立ち / p55
  • 4 『旧約聖書』はどんな意味をもつか / p77
  • 5 イエスはだれの子か / p113
  • 6 洗礼とはなにか / p149
  • 7 キリスト教は愛の教えか / p169
  • 8 人間キリストの苦悩 / p187
  • 9 復活の意味するもの / p207
  • 10 ローマへの道 / p231
  • 索引 / p246

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 教養としてのキリスト教
著作者等 村松 剛
書名ヨミ キョウヨウ ト シテノ キリストキョウ
書名別名 Kyoyo to shiteno kirisutokyo
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1965
ページ数 245p
大きさ 18cm
ISBN 4061154346
NCID BN04157167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65000846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想