ドイツ語のすすめ

藤田五郎 著

[目次]

  • ≪目次≫
  • まえがき / p3
  • 1 ドイツ語のすすめ / p15
  • <1> ゆかいな旅への助言 / p16
  • <2> 技術提携のために / p19
  • <3> 学問のとびらを開くかぎ / p21
  • <4> 文芸の世界でも / p24
  • <5> ドイツ語の効用 / p26
  • 2 ドイツ語はむずかしい、という思いちがい / p29
  • <1> 英語とドイツ語 / p30
  • <2> 発音はつづりのとおりに / p35
  • <3> ドイツ文は読みやすい / p37
  • <4> ヒトラーの功績 / p40
  • <5> やっかいな語形変化はむかし語りに / p43
  • 3 舌の体操 / p47
  • <1> 舌とことば / p48
  • <2> さあ、出発 / p53
  • <3> 子音の発音を強く / p58
  • <4> 注意してほしいこと / p61
  • 4 性談義 / p65
  • <1> 性のふしぎ / p66
  • <2> 奇々怪々 / p69
  • <3> 性の皮肉 / p72
  • <4> 奇抜な癖 / p75
  • <5> 性の一般的決め方 / p77
  • <6> 変化の衰え / p79
  • 5 動詞をどうしましょう / p83
  • <1> いちおう恋人抜きで / p84
  • <2> 相手しだいで使い分け / p88
  • <3> 時のねうち / p91
  • <4> いい方・考え方 / p98
  • 6 ことばの泣き別れ / p103
  • <1> あっちがわとこっちがわ / p104
  • <2> 泣き別れのいろいろ / p108
  • <3> 本筋とわき道 / p111
  • <4> ドイツ語とカント哲学 / p114
  • <5> 最後まで気長に聞くべし / p118
  • 7 その性は善 / p123
  • <1> 医者とドイツ語 / p124
  • <2> キング=オヴ=キングズ / p128
  • <3> 留年のありがたみ / p132
  • <4> 形容詞の転身 / p135
  • 8 数さまざま / p141
  • <1> 所変われば / p142
  • <2> ひとりはつらい / p148
  • <3> ふたりでも苦労する / p152
  • 9 接続法の栄光と悲惨 / p159
  • <1> 動詞がもつ特別席 / p160
  • <2> お金のない悲しさ / p163
  • <3> 外交の妙味 / p167
  • <4> 見た目はちがっても / p170
  • <5> 拙俗呆 / p174
  • 10 こうして強くなる / p177
  • <1> 話してこそことば / p178
  • <2> 会話に強くなるには / p181
  • <3> 作文のすすめ / p184
  • <4> この人を見よEcce homo! / p188
  • 11 これからの勉強の進め方 / p191
  • <1> 四つの訓練 / p192
  • <2> 文法を固めて / p196
  • <3> 早がてんしないこと / p202
  • <4> なにをどう読むか / p206

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ドイツ語のすすめ
著作者等 藤田 五郎
書名ヨミ ドイツゴ ノ ススメ
書名別名 Doitsugo no susume
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1964
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4061154265
NCID BN04156925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64012173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想