新世界のユートピア

増田義郎 著

アメリカが未知の大陸として歴史に登場した15世紀。統一国家への気運みなぎるスペインでは、進取の志高いイサベル女王の保護のもと、新世界に強い関心が向けられた。中世の閉鎖的な異文化観・異民族観をこえ、新世界に普遍的人類社会、ユートピア社会を夢みた、ルネサンス人の思想と行動を考える労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ユダヤ人の追放
  • 2 コロンブスのヴィジョン
  • 3 中世人の世界像
  • 4 コロンブスの見た世界
  • 5 ルネサンス人の民族誌
  • 6 ファンタジーとしてのアメリカ
  • 7 黙示録的世界としてのアメリカ
  • 8 インディオと植民者
  • 9 崩壊するインディオ社会
  • 10 インディオは人間か
  • 11 ラス・カサスの登場
  • 12 カリブ海における社会的実験
  • 13 メキシコの発見
  • 14 ユートピアの実現
  • 15 ビトリアにむかって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新世界のユートピア
著作者等 増田 義郎
書名ヨミ シンセカイ ノ ユートピア
書名別名 スペイン・ルネサンスの明暗

Shinsekai no yutopia
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1989.7
ページ数 286p
大きさ 16cm
ISBN 4122016320
NCID BN04154522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89053210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想