情報管理論

梅棹忠夫 著

学術情報の生産・流通・蓄積を、書斎から図書館・博物館のレヴェルにいたるまで具体的に提案する、今日のテクノロジーの中で考察された創造のための情報管理論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 学術論文の質の向上のために
  • 『国立民族学博物館研究報告』のありかたについて
  • 『民博通信』の創刊
  • 学術情報の国際交流をめざして
  • 研究業績の評価について
  • 学術情報における流通と蓄積
  • 大学の使命と大学図書館の役わり
  • 国文学研究資料館の創設10周年をいわう
  • 個人文庫の形成と管理
  • 図書館と学術情報
  • 情報・テクノロジー・文化
  • 館員刊行物一覧の意義と方法
  • 著作目録をつくる
  • 引紹批言録のこと
  • 著作集をあむ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報管理論
著作者等 梅棹 忠夫
書名ヨミ ジョウホウ カンリロン
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.1
ページ数 313p
大きさ 20cm
ISBN 4000026755
NCID BN04151036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90019777
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想